風俗にいたS級美少女に興奮

慣れていないのが初々しかった可愛い子

彼女はまだ風俗嬢としてのお仕事に慣れていないのか、それとも男という存在そのものに慣れていないのか、どちらなのか良く分かりませんけど楽しかったのだけは事実です(笑)それだけは紛れもない事実と言うか、その初々しい雰囲気がこちらを刺激させてくれましたね。良い意味でまだまだ風俗嬢らしさを感じさせないだけに、普通の女の子を攻めているような錯覚に陥りました。感じ方も吐息まじりで、派手に感じて欲しい人には物足りないかもしれないんですけど、自分的にはこのくらいの方がリアルで好きなんですよね。しかも彼女、吐息まじりで地味に感じているように見えて、実際には相当濡れていました。そのギャップもこちらをより興奮させましたよね。彼女、別に嫌がっている訳じゃないなだなって思ったら、大人しそうな雰囲気に見せかけて実はとてもエロいんじゃないのかなとか(笑)そんなことまで考えたら、むしろ彼女との時間にどんどんのめり込んでしまった自分がいます。

電マくらいは使いこなしたい

いつもオーソドックスなプレイで遊んでいるのでたまには違うスパイスをって気持ちになったんです。それでオプションで電マを使ってみました。風俗のオプションというよりも、むしろAVのアイテムとしての方が有名なんじゃないですかね(笑)そもそも電マはマッサージ機器なんですけど、もはやそれを知っている人の方が珍しいんじゃないですかね。風俗のオプションでもちらほら見かけるようになりましたけど、電マには感動させられました。それまで自分では絶対に与えることが出来ないであろうものがあったんです。あの感動というのはやっぱり凄いなって思いますよね。だからこそ、電マを使ってみていろいろな気持ちになりました。やっぱり電マは使いこなすべきと言うか、自分なりにいろんなことが楽しめるんだなとか、電マを使いこなすことによって、女の子を攻める際にはもっといろんなバリエーションを楽しめるなとか(笑)そう思えただけでも使った甲斐がありましたよ。